季節を感じる家

みどり市A様邸【COVACO】

 
  • 開放的な勾配天井に渡る梁が印象的なリビングには、梁を活かしたライティングレールを使用した照明器具をチョイス。木の質感と薪ストーブの煙突とシーリングファン。思わず天井を眺める機会が増えそうだ。ストーブの揺れる炎を見ながら、夫婦の会話が弾む

  • アウトドアストッカーとLDKの繋がりは、お互いの気配を感じられるちょうどいい距離感。バイクのメンテナンスに没頭していると、隣のキッチンからいい香りが漂ってきそうだ。自分だけの時間を過ごした後は、ゆっくり食事を楽しむのが休日の贅沢

  • 毎日多くの時間を過ごすキッチンだからこそ、照明や雑貨にこだわりお気に入りに仕上げた。「以前より雑貨屋さんを覗く回数が増えた」とクスッと話してくれた奥様。こだわりのインテリアに囲まれた暮らしは、手の込んだ料理を作りたくなる場所になった

  • 玄関を入ると木の香りと雰囲気に圧倒される。どこまでも続く無垢の床は、裸足で歩くのも気持ちがいい。リビング側の壁には飾り窓を施し、明かりを取り入れたり人の気配を感じたりと、採用して良かったモノの一つになった

  • 外からもLDKからもアクセス出来るアウトドアストッカー。シャッターは開口が大きく、使い勝手がいい。ツーリング帰りもスムーズにバイクを格納出来るし、大きな買い物をして来た時はここから室内に運ぶことも出来る、優秀なスペースなのだ

  • インパクトのあるチェッカー柄の床に愛車が映えるアウトドアストッカーは、ご主人の秘密基地だ。「この家を建てることを考えた時に、ガレージと薪ストーブはマストだった」と話すご主人。休日はついつい時間を忘れてバイクいじりにのめり込んでしまうそう。夜はリビングで寛ぎながら、愛車を眺められるのも楽しみである

  • リビングの壁一面に広がるパノラマ眺望は、家の中に居ながら季節を感じられる。特にAさんの立地は眺望がよく、季節によって大きな窓から風を取り入れたり薪ストーブで温まりながら景色を眺めるのも贅沢だ。大きな軒が夏の暑い日差しは遮り、冬の柔らかい光を取り入れてくれる

  • お互いに自分の趣味の時間を楽しむのも良し、二人で語り合うのも良し。勾配天井で開放的なLDKは、気分までもおおらかにしてくれる。バイク、薪ストーブ、お気に入りの雑貨。好きなモノやヒトに囲まれて、今夜はちょっとアルコールが進んでしまう予感さえする

  • ウッドデッキでコーヒーを飲みながら、二人で過ごしてきた時間を振り返るのもいいだろう。ここじゃなければ話せなかった話もあるかもしれない。木は傷も付くし手間もかかる。でもそれを楽しみながら長い付き合いをしていくことは、夫婦関係と似ている

  • 外壁にも木を張り煙突が目印の平屋は、周りの景観によく溶け込んでいる。季節の移ろいによって、家の表情まで変わるのも楽しみだ。外壁の板張りやウッドデッキのメンテナンスを家族のイベントとして定期的に行うことによって、より愛着の持てる我が家になるだろう

TOP